毎日新聞コラム「健康を決める力」

第2回 多くの選択肢確保を

毎日新聞コラム「健康を決める力」

mixiチェック

毎日新聞 2017年5月28日 東京朝刊掲載

聖路加国際大教授 中山和弘 著(第2回/全12回連載)


意思決定例

意思決定例


 小2の時にバスにはねられました。いつもは学校前の歩道橋を渡っていたのに、歩道橋と横断歩道のない下の国道を渡るのと、どちらが早いか友達と競争になったのです。言い出しっぺが先に歩道橋の方に走って行って、いつの間にかゲームは始まり、気がついたら病院でした。
 何も決めた覚えはありません。「決める」とは「意思決定」とも呼ばれます。それは行動する前に二つ以上の選択肢から一つを選ぶことです。私に残された選択肢は下の道路だけでした。意思決定できない中で、命を落とすところでした。

 人生は流れにまかせてきたという方はいませんか。私もその口ですが、自分で決めたつもりでも、実は選択肢が一つしかなかったのかもしれません。それでも「これでいいのだ」とわかったような顔で受け入れてきたことも少なくないように思います。小さな頃から、複数の選択肢を探す意識を持たないと、意思決定が苦手になるのでしょう。
 特に大事な意思決定の場面で、後悔しないようにするには、相応の数の選択肢が必要でしょう。よりよい意思決定のためには、可能性のある選択肢をすべて入手すること、くれぐれも途中で選択肢を消さないことが大事です。以前、看護の方々を前にした講演で「結婚相手を探しているなら福山雅治さんを遠慮しないで選択肢に入れてください」と話しました。選択肢に入っていれば、たとえ見込みが低くても、チャンスは残されています。そして、いつでも消せるのです。
 例えば、医師に「あなたの場合、手術か抗がん剤治療......そんなところですね」と言われた場合、医師の考えで選択肢が消されているかもしれません。患者の意思決定を尊重する医師なら「手術か抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン療法、代替療法、少し様子を見て経過観察、があります。それぞれの長所と短所は○○と××......」と言ってくれるでしょう。もし「もうできる治療はありません」と告げられても、選択肢なしで意思決定はできません。自分の前にすべての選択肢がそろっているかを医師に確認する必要があります。

 情報とは意思決定に必要なもの。意思決定をするのは情報の提供者ではなく、受け手です。受け手中心の信頼できる情報とは、選択肢のリストとそれぞれの長所と短所の説明によって、意思決定を支援するものです。選択肢を消すのは、すべての選択肢をよく理解して、胸に手を当てて、何が大事かを決めた後です。

次回は7月2日掲載

mixiチェック

コメント

コメントを投稿

(コメント表示にはブログのオーナーの承認が必要です。しばらくお待ち下さい。)


画像の中に見える文字を入力してください。

※数字は必ず半角にて入力してください。