「インターネット上の保健医療情報の見方」の『いなかもち』を『かちもない』にしました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
インターネット上の保健医療情報の見方」の『いなかもち』に『かちもない』をプラスし、少しパワーアップしました。 『価値もない』のほうがインパクトがあるので、これからはこちらを優先にしようかなと思います。
以下のようにしました。

 

か:書いた人はだれか?→信頼できる専門家か、所属があやしいかも
ち:違う情報と比べたか?→他の多くの情報とは全く違うかも
も:元ネタ(根拠)は何か?→引用文献がなければ勝手に言っているだけかも
な:何のために書かれたか?→商業目的でしかないかも
い:いつの情報か?→古くて現在では違うかも


『かちもない』は、「情報は5つを確認しないと『価値もない』」と覚えられます。
同じ5つを入れ替えた『いなかもち』では、「飾らず素材のままで信頼できる『いなかもち』のような情報」 でしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.healthliteracy.jp/mt/mt-tb.cgi/144

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakayamakazhiroが2017年2月25日 19:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「日本人のヘルスリテラシーは低い」を更新しました。」です。

次のブログ記事は「「健康を決める社会を知り行動するヘルスリテラシー」でアメリカの取り組みについて追加しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。