毎日新聞コラム「健康を決める力」

第32回 長寿社会ニッポン 死と向き合う

毎日新聞コラム「健康を決める力」

mixiチェック

毎日新聞 2020年5月15日 医療プレミア

聖路加国際大教授 中山和弘


  世界に拡大する新型コロナウイルスの感染者数や死亡者数が連日報道されています。特に死亡は、古くから国や地域の健康指標に使われています。生まれた女性の半分が90歳(男性は84歳)を迎えると期待され、病気や障害と共に前向きに生きようという時代に、健康を死亡で測るのかと思うかもしれません。それでも、昔は死に直結した病気が多かったですし、思いもよらぬ早すぎる死、既存のワクチンや最善の治療などで防げた死は受け入れがたいものです。

 死亡率は、国や地域における、大抵は1年間に発生した死亡者数を分子、人口を分母として計算します。しかしそれは粗死亡率と呼ばれ高齢化で高くなるのが欠点です。

 では死亡率は年齢によってどれほど高くなるのでしょうか。2018年の日本人女性の年齢別の死亡率を見てみます。最も低いのは9歳の0・00005で、まさに「万が一」未満です。それが50歳では0・001と1000人に1人となり、60歳では0・003、70歳では0・007と100人に1人に近づきます。80歳では0・02で50人に1人、90歳では0・09で10に1人、100歳では0・3で3人に1人、105歳以上は1で全員です。全ての死亡者数のうち70歳以上の割合は8割を超えます。ちなみに、5月6日現在、新型コロナの死亡者数における70歳以上の割合も同じです。

 この50年間の死因別の死亡率の推移をグラフで見ると、目立って右上がりなのはがんで、18年の死亡者数は約37万人。次いで、心疾患(同21万人)、肺炎(同9万人)です。それは高齢者の割合が急増したからで、その証拠に、高齢化の影響を取り除くために分母の年齢構成をそろえた死亡率(年齢調整死亡率)ではむしろ減少しています。病気の死亡率が急増して怖いと感じるようなグラフでは、分母を要チェックです。それは新型コロナでも同様です。

 私も日本人の平均年齢である50歳手前の頃から強く死を意識しています。人の記憶の中だけで生きていく確率は日々高まっています。今や怖くはないですが、人の死を受け止めるのは残された人ですし、次代の持続可能性のためにも、人工呼吸器の装着など人生の最期の選択肢は話しておきたいものです。

 今ある命も、分母あっての分子のように、母あっての子の命です。今年は5月10日の母の日に贈答が集中するのを避けるため、花の業界団体が5月を丸ごと「母の月」にと提案しています。大切に過ごしましょう。

mixiチェック

コメント

コメントを投稿

(コメント表示にはブログのオーナーの承認が必要です。しばらくお待ち下さい。)