毎日新聞コラム「健康を決める力」

第39回 元ネタ増やす努力

毎日新聞コラム「健康を決める力」

mixiチェック

毎日新聞 2020年12月10日 東京朝刊

聖路加国際大教授 中山和弘


 先日、海外の学術雑誌に論文が採択されてホッとしました。2月に原稿を送り、新型コロナのためか、査読(同じ分野の研究者による評価)の2人のコメントが届いたのは7月でした。たくさんの指摘を受けて、落ち込みつつ修正しました。追加で登場した3人目の査読者の偏った意見にもデータを提示して冷静に反論した結果です(このやりとりもオープンになります)。

 このような(時につらい)過程を経て、信頼できる情報のほんの一つの元ネタ(エビデンス=科学的根拠)が作られ、積み重ねられます。

 論文のテーマは、前立腺がんの患者が治療法として選べる選択肢の利点と欠点を理解し、自分が最も良いと思えるものを選択するための支援でした。それはシェアードディシジョンメーキング(SDM、協働的意思決定)であり、その実施状況を測定しました。国際的には、既に測定されて研究や実践に生かされていますが、日本ではこれからです。今回は、患者がSDMに必要な九つのステップを経験したか尋ね、それぞれ「よく当てはまる=5点」から「全くあてはまらない=0点」で回答を得ました(ドイツで開発されたSDM―Q―9の日本語版)。

 9項目を順に見ます。(1)医師は、治療に関して何らかの決定をしなければならないことがあるということを、明確に伝えてくれた(2)医師は、私がどのように決定に関わりたいかを丁寧に確認をしてくれた(3)医師は、病状に対してさまざまな治療の選択肢があることを伝えてくれた(4)医師は、それぞれの選択肢におけるメリット(利点)とデメリット(欠点)を明確に説明してくれた(5)医師は、(説明された)全ての情報を理解できるように私をサポートしてくれた(6)医師は、私が治療においてどの選択肢を希望するのか聞いてくれた(7)医師と私は、それぞれの治療方法について徹底的に比較検討した(8)医師と私は、一緒に治療上の選択肢を選んだ(9)医師と私は、今後の治療の進め方について合意した。

 これらの合計点を出し、高い人ほど意思決定の満足度などが高いことを確認しました。皆さんはSDMを望みますか。今後の選択肢として、病気の治療のみならず、ワクチンの接種ではどうでしょう。SDMの普及のためには研究で元ネタを増やし、わかりやすく広く紹介していく必要があります。=次回は2月11日掲載 

mixiチェック

コメント

コメントを投稿

(コメント表示にはブログのオーナーの承認が必要です。しばらくお待ち下さい。)

毎日新聞コラム「健康を決める力」