毎日新聞コラム「健康を決める力」

第13回 どんなものにも光と影

毎日新聞コラム「健康を決める力」

mixiチェック

毎日新聞 2018年7月1日 東京朝刊掲載

聖路加国際大教授 中山和弘 著


運動不足による肥満の場合の検証バイアス


 サッカー・ワールドカップ(W杯)では日本が決勝トーナメントに進むと思っていました(前回紹介した後知恵バイアスです)。初めて決勝トーナメントに進んだ2002年の日韓大会を思い出します。生きている間に二度と日本では開催されないと決め込み、ネットでのチケット発売では、パソコン操作の技を編み出して何試合も観戦できて(日本戦はダメでした)夢のようでした。

 しかし、サッカーには良い思い出ばかりではありません。学生の頃は下手だった上に、高2の時の部活の試合中に頭をぶつけてけいれんを起こし(覚えていません)、救急車で運ばれた(乗る時に意識が戻り「大げさじゃないか」と言ったのを覚えています)のをきっかけに、やめてしまいました。

 健康のために草サッカーなどすればよいのに、どこか抵抗がありました。「運動なんて体に良くないよ」という昔聞いた体育の先生の言葉(かなり激しい運動の話でしょうが)を持ち出して言い訳に使ってしまう自分がいます。健康関連のニュースは毎日チェックしていますが、健康に効果のある"最低限の"運動の研究に目が向きがちです。

 人には自分の主張や思い込みを支持する情報や、自分に都合のいい情報ばかり集めて、自分の主張を強化しようとする傾向があります。これを確証バイアスといいます。身近な人に「周りの赤いものを全部メモして」と指示して、目を閉じてもらい「青いものは何があった?」と聞いてみてください。見たいものだけを見て、見たくないものは見ていません。医師の診断でも自らの仮説を支持するデータを集めたり、仮説に沿うようにデータを解釈したり、仮説を否定するような検査を避けたりすることがあると報告されています。

 ヘルスリテラシーをテーマにしたある講演の終了後に「自分が信じたい情報ばかり探してしまいますがダメですか」と質問されました。この方は確証バイアスを自覚されていました。私は「人には偏見や期待があって、それに沿って考えてしまう傾向があります。だから長所だけの情報や短所だけの情報は要注意です。どんなものにも光と影があります。選択肢を並べて、信じたいものの短所と信じたくないものの長所を十分理解しているか確認しましょう」と答えました。

 私も見たくないものは見ないようにしがちです。サッカーをしていた頃とは大違いのおなかを見る時、へこませる癖をやめたいです。

次回は8月5日掲載

mixiチェック

コメント

コメントを投稿

(コメント表示にはブログのオーナーの承認が必要です。しばらくお待ち下さい。)