毎日新聞コラム「健康を決める力」

第1回 膨大な情報、適切に選択

毎日新聞コラム「健康を決める力」

mixiチェック

毎日新聞 2017年4月23日 東京朝刊掲載

聖路加国際大教授 中山和弘 著(第1回/全12回連載)


中山さんが開設したサイト

健康を決める力(http://www.healthliteracy.jp/)


 子供の頃、ぜんそくやへんとう炎でよく学校を休みました。家では、ミミズの煎じ薬を鼻をつまんで飲みました。数年前、母親にあなたミミズ好きだったわねと言われて、ショックでした。何も決められない自分がいました。それでも、胸に手を当てるとゼーゼーが楽になる気がしました。
 中学では、誘われるままサッカー部に入りました。クタクタで帰って寝てしまうので、体が弱いのだからやめなさいと言われました。それでも学校を休まなくなり、もう自分で決めていいのではと思いました。  大学では、就職が全く決められず、誘われるまま大学院に進みました。その頃、女性に「ほんと決められない人ね」とグサリ。胸に手を当てて考えました。
 そんな私は、ヘルスリテラシーを研究しています。それは健康や医療の情報を入手し、理解し、評価して、適切に決められる力です。自分にないものを研究することは、意外にあることです。決められる人は、決めればよいだけですから。
 リテラシーとは読み書き能力のことですが、社会に参加して、自分の潜在的な力を引き出して自己実現できる力で、人間の尊厳を表すものです。健康情報の読み書きでも同じで、ヘルスリテラシーは健康や生命と密接につながっています。

 ヘルスリテラシーが注目される理由は、専門化が進んで選択肢や情報が増えた中で、それが低いと健康状態がよくない、それが健康格差の要因であることが明らかになってきたからです。今や途上国を含めて、私たちの健康を決めている最大の要因は、ライフスタイルや行動の選択です。そのため、生活習慣病の予防や、その進行を抑えるための選択肢や情報が増え続けています。わかりやすくて信頼できて自分に合った情報がないと、適切に決められないのです。
 私たちの調査では、日本人のヘルスリテラシーは、欧州8カ国やアジア6カ国と比較して最も低いものでした。理解できたとしても、判断したり決めたりするのが難しい傾向がありました。決められないのは私だけではないようです。これらは個人の能力だけではなく、環境にもよります。

 自分の人生について、胸に手を当てて、心の声を聴いて、自分で決められれば幸せだと思うようになりました。そのためヘルスリテラシーを「健康を決める力」と呼びました。私たちは、まだまだ学ぶ必要があるようです。その手助けのためにサイトを作りましたので、ぜひご覧ください。

次回は5月28日掲載

mixiチェック

コメント

コメントを投稿

(コメント表示にはブログのオーナーの承認が必要です。しばらくお待ち下さい。)


画像の中に見える文字を入力してください。

※数字は必ず半角にて入力してください。